南海高野線「初芝」駅より徒歩3分。リウマチ科・整形外科・リハビリテーション科「永山リウマチ整形外科」旧永山医院。リウマチ専門医、整形外科専門医として質の高い診療を行ってまいります。骨粗しょう症などもご相談ください。

診療案内

診療内容

診療科目:リウマチ科、整形外科、リハビリテーション科

関節リウマチについて

関節リウマチとは

関節リウマチ関節リウマチは、免疫の異常により手や足、膝や肘や肩などの関節に腫れや痛みを生じ、それが続くと関節の変形をきたす病気です。
現在、日本には70万人以上の関節リウマチ患者がいるといわれており、めずらしい病気ではありません。30~50歳代で発症することが多く、10歳代や20歳代で発症する方もいます。女性の患者さんが多く、男性の3~4倍多く発症します。

関節リウマチの治療

関節リウマチ関節リウマチは早期から適切なお薬を使うことで、寛解(痛みや炎症がなく、関節破壊がなく、発病前と同じ日常生活を営める)を目指せる病気です。罹病期間の長い患者さんでも適切な治療を行うことで症状を著明に改善することが可能です。
当院では、最新のガイドラインを基本とした、それぞれの患者さんに応じた治療を行います。すべての生物学的製剤(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジア)の使用が可能です。院内迅速血液検査機器を備えており、受診当日に結果を説明することができます。

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症の進行状況骨粗鬆症は骨が構造的にもろくなり、骨折しやすくなる病気です。初めは自覚症状があらわれにくく、静かに進行することが多いため、サイレント・ディジーズ(静かな病気)とも呼ばれています。背骨や大腿骨近位部(足の付け根)が骨折すると、寝たきりにつながりやすく、健康寿命(自立した生活ができる寿命)が短くなります。
骨粗鬆症は圧倒的に女性に多い病気です。閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。これは、女性ホルモンが骨の新陳代謝に関わっているからです。

骨粗鬆症の検査

自覚症状があらわれにくい骨粗鬆症を早期に発見するために、検査は欠かせません。
骨粗鬆症の診断のため、骨密度を手やかかとの骨で測定する方法がありますが、骨折により健康寿命が短くなってしまう背骨と大腿骨近位部を測定しておらず、最適な方法ではありません。「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」では、背骨である腰椎と大腿骨の骨密度をDXA装置を用いて測定すること標準となっています。
当院では腰椎と大腿骨近位部を含めた、全身の骨密度を測定できるDXA装置を備え、骨粗鬆症の正確な診断を行います。

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症骨粗鬆症は早期に診断し、適切な治療を行うことで骨折を予防することが重要です。
食事療法や運動療法も骨粗鬆症の予防には欠かせませんが、お薬が治療の中心になります。近年、新薬が続々と登場しており、骨粗鬆症治療薬の選択肢は広がっています。当院では最新のガイドラインを基本とし、それぞれの患者さんに応じた治療を行い、健康寿命を長く保っていただくことを目指します。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:00~12:00
14:00~17:00

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

MAP

※お車でお越しの場合、初芝駅前ロータリーの道は避け、矢印の道でお越し下さい。
→GoogleMapで見る

〒599-8114
堺市東区日置荘西町4-3-25

南海高野線「初芝」駅より 徒歩3分

お気軽にお問い合わせください。

TEL:072-286-6772

駐車場18台ございます

PAGETOP